学生カードローン

学生がお金借りられる額は、いくらまでか?

最近では、学生のカードローンの利用が増えていますので、「いくらまで借りられるのか?」という点に興味があると思います。

 

学生がお金をいくら借りれるかは、実際の審査結果によりますが、総量規制の仕組みにもよるところがあります。

 

まず、総量規制では、過剰な貸し付けとならないようにするため、「原則として、年収の3分の1まで」の融資にするとしています。

 

つまり、毎月5万円のバイト収入がある学生なら20万円、10万円のバイト収入があるなら40万円となります。

 

この総量規制は、貸金業法によるものですので、貸金業法が規制する、

 

 ・消費者金融
 ・信販会社
 ・クレジット会社

 

などが対象となります。

 

ポイントとしては、「銀行」のカードローンが総量規制対象となっているところです。

 

簡単には、銀行のカードローンは、総量規制対象外になりますので、年収の3分の1超の融資にも対応できることになります。

 

そのため、学生がお金を借りるときは、自分の年収の3分の1までは「消費者金融」、それを超えるときは「銀行カードローン」という選び方ができることになります。

 

どちらのカードローンも、運転免許証があれば申し込めますので、一度、申し込んでみてはいかがでしょうか。