学生カードローン

お金借りたい学生のカードローンの選び方

学生がお金を借りたいときは、知人や友人から借金するのではなく、カードローンを利用するのがおすすめです。
知り合いからお金を借りれば利息は発生しませんが、大切な人間関係を壊してしまうきっかけとなります。
学生時代の友人は一生の宝となるものですので、多少の利息の支払は、我慢しなければならないと思います。
もっとも、2010年6月18日以降、大幅にカードローンの金利が引き下げられていますので、カードローンの金利が不安ということはありません。
学生でも利用できるカードローンを選び、必要なお金を用意してみてはいかがでしょうか。

 

学生でもカードローンでお金を借りれるか?

 

学生でもお金を借りることができるのか、と不安になるかもしれませんが、アルバイトをしているなら問題ありません。
アルバイトしている学生で、成人に達しているなら、社会人と同様の基準で審査が受けられます。
ただし、プロミスやアコムのような消費者金融を利用するときに、総量規制の影響がある点に注意してください。
一定の金額以上の融資を制限する規定ですので、必要な金額が用意できないことがあるからです。

 

学生のカードローンの限度額と総量規制の関係とは?

 

総量規制は、消費者金融や信販会社などが「過剰な貸付」をしないようにするための規制のことです。
具体的には、カードローンを利用する会員の融資の残高が「年収の3分の1を超えてはいけない」というものです。
たとえば、毎月10万円のアルバイト収入がある学生の場合、年収120万円ということになりますので、消費者金融からの融資は、40万円までに制限されます。
年収の3分の1のお金で足りる場合はいいですが、高額な融資が必要なときは、銀行のカードローンの利用も検討してみてください。

 

学生でもカードローンの申込みで収入証明書が必要!?

 

カードローンの申込みを検討する学生の多くは、収入証明書の提出が必要かどうか、という点に不安を感じています。
収入証明書は、自分の年収を証明するための公的な書類のことで、源泉徴収票や納税証明書、所得証明書などのことをいいます。
学生の場合は、収入証明書の用意が難しいこともありますので、希望額が多いときは、提出要件がゆるい銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。
基本的には、消費者金融で50万円超の希望額の時に必要になりますので、50万円を超えるかどうかで消費者金融と銀行を選ぶようにしてください。