学生カードローン

学生カードローンで親にばれない会社ってあるの?

学生でも融資が必要になるケースはありますが、実際のカードローン申し込みでは、いくつかの困難がともないます。

 

申し込み先を間違えてしまい、親バレというのも困りますので、適切な申込先の選び方を理解しておく必要があります。

 

学生のカードローン申込先では、

 

 ・親バレしないこと
 ・融資限度額を確認すること
 ・融資を受けるまでの時間を確認すること

 

などが重要になります。

 

以下に重要な点についてまとめますので、カードローン申込みの参考にしてみてください。

 

 

■親バレせずに学生が借りるには?

 

学生が親バレしないでカードローンに申し込むには、

 

 ・親の同意書が必要ないこと
 ・自宅への郵送物をなくせること

 

が重要になります。

 

たとえば、学生でも申し込めるとしているバンクイックの場合は、親の同意書が必要になるとしています。

 

そのため、バンクックに申し込む場合でも、学生としてではなく、フリーターとして申し込むほうが有利になります。

 

また、インターネット申込みをして、カードの受取りを自動契約機でするようにし、自宅への郵送物にも注意するようにしましょう。

 

 

■学生の融資限度額について

 

学生が融資を受けるときは、「限度額10万円まで」というような制限があることがあります。

 

その限度額の範囲内での利用で問題なければいいですが、それ以上の融資を受けたいときは、注意が必要です。

 

基本的に消費者金融からの融資の場合は、年収の3分の1までに制限されますので、それを超える融資を受けるときは、必然的に銀行カードローンを選ぶことになります。

 

 

■学生が現金を手にするまでの時間について

 

カードローンでは、融資を受けるまでの時間が重要になることがあります。

 

カードローンの申し込み先によっては、数日〜2週間近くローン審査に時間がかかることがありますので、できる限り「即日融資可能」なサービスを選びます。

 

「最短30分」で審査結果が分かる、バンクイックやプロミスなどを選ぶのがいいのではないでしょうか。